当サイトは日本で仕事を頑張るサラリーマンの方々のためのビジネス英会話に関する情報サイトです。




HOME > コラム > ビジネス英語に関するコラム 06

ビジネス英語に関するコラムです。

バイリンガル能力を使ったお仕事

近年、バイリンガル教育は当たり前になってきており、珍しくなくなってきました。
2ヶ国語が話せるというバイリンガル、仕事の種類も豊富な上に、給料もかなりいいとか?最近ではトリリンガルやマルチリンガルと言って、3ヶ国語・4ヶ国語が話せる人もいて、様々な場面で活躍されています。
ではバイリンガルには一体どのような仕事があるのでしょう?

そもそもバイリンガルというのは、どういった人たちの事をいうのでしょう?この質問の答えは人により定義が異なってくるようで、一概に「こうである」とは言えないみたいです。
私が思うにバイリンガルは、二つの国の言語知識と言語運用能力を兼ねそろえている人の事を言うのではないかと思います。
例えば、日本語が母国語で英語も話せるバイリンガルの場合、最低英語で日常生活に支障がない程度の語彙と文法知識、それと読む、書く、聞く、話すと言う4技能の運用能力を持っていることです。
そして日本語とほぼ同じくらいのレベルで、ネイティブ・スピーカーと同等にコミュニケーションが出来ることではないかと思います。

これくらいのレベルになるには、単に言語的な知識の習得だけではなく、英語圏の文化、社会、習慣、歴史など様々な知識やネイティブ独特の発想や思考方式も備えていなければいけません。
この域に達するには、長期の英語圏生活が必ずとは言いませんが、必要だと思います。

バイリンガルの主な仕事は、バイリンガルスタッフとして外資系企業へ正社員、契約社員などで就職。
もちろん派遣社員として働くこともできます。
働きながら通訳、また翻訳業務に特化してスキルを磨き、実力をつけてからフリーの通訳者、翻訳者として独立するという人も多いようです。
そのほか、外国人秘書として就職する方法や、秘書アシスタントとして入社して経験を積み、正式な秘書に昇格する道もあります。

貿易実務の仕事は、商社や製品の輸出入を行うメーカー、海外と直接やりとりをする部署をもつ企業、通関関連業など、活躍の場は広いです。

旅行関係の仕事は、ツアーコンダクターやトラベルコーディネーター、観光やビジネスで日本を訪れる外国人に付き添い、通訳兼ガイドとして日本の名所旧跡などを案内する通訳ガイドなど、これらはいずれも語学能力だけではなく、コミュニケーション能力が問われます。

女性の憧れの職業の上位である、フライトアテンダントやキャビンアテンダントは、国内航空会社、外資系航空会社ともに就職試験は狭き門です。
最近は正社員よりも、契約社員としての採用が増えています。

中学・高等学校や語学スクールなどで活躍できるのは、英語講師。
しかしながら、最近はネイティブ講師の雇用が多い理由で、専任講師のほか、契約社員など、非常勤講師のパターンが多いです。

あと、ホテルの利用客に快適な空間とサービスを提供するホテルスタッフ。
ベルボーイ・ベルガール、フロント、コンシェルジュ、宴会スタッフ、レストランスタッフ、ブライダルスタッフ、企画スタッフなど、仕事は様々です。

国際化と共に、バイリンガルの仕事にも幅が広がり、活躍の場も多くなってきました。
そのために我が子をバイリンガルにしようと、小さいころから英才教育をするため、英会話教室に通わせている家庭も増えています。
しかしバイリンガルというのは、決して語学だけ上達すればいいというわけではありません。
語学能力はもちろん、国際的な考えやルール、文化なども理解できる柔軟性も身につける事が大事です。