当サイトは日本で仕事を頑張るサラリーマンの方々のためのビジネス英会話に関する情報サイトです。




HOME > コラム > ビジネス英語に関するコラム 18 | 志の力

ビジネス英語に関するコラムです。

志の力

ビジネス英会話とは、まさしくビジネスで用いるための英会話です。

ビジネス英会話を勉強する時に、まず難しいかどうかを気にする方がいらっしゃいますが、ビジネス英会話は難しいと言えば難しいものであると言えます。その理由は、通常のカジュアル英会話よりも、覚えるべき事柄が多いからです。

しかし、覚えるべき事柄というのは、メールや交渉時に使えば効果の高いフレーズがある、ということです。もちろん、普段に使われる文を使用して問題ないことが多いのですが、それらを少しだけ変えることで、相手に伝わりやすかったり、有利に交渉を進めることが出来る、ということです。

そういったビジネス英語を勉強する際には、一番大事なのが「志」です。といっても気持ちでなんとかなるという意味ではなく、思考や意思の力を上手く使っていきましょう!という話です。

ビジネスシーンを想像する

実際のビジネスシーンを想像することは、例文を勉強していく際には一番大事なことです。
今現在、英語をビジネスシーンで使うことが無い方でも、英語を使って活躍するその状況を具体的に思い浮かべながら、その時、その場所でどういったフレーズが必要かどうかを考えましょう。まず手を付けるのは、そういった実践の場を想定した具体的なフレーズです。

また、ビジネスシーンで活躍するために現在の力で関して何が足りないかをよく考えることも肝心です。しっかりと勉強していくために、強烈な目的意識を持つようにしましょう。その意思の力も、勉強を継続していくのに非常に役に立ちます。

特にビジネス英会話教材を進めていくにしても、その教材を継続的に行っていくモチベーションを保つことで、どんな教材であっても優れたものになるでしょう。

目的意識を煮詰める

自分が実際のビジネスシーンに関してイメージを強くすることが出来るようになったら、次は目的意識を煮詰めていくことが大事です。

目的意識は具体的なゴールに強く関係しています。まずは自分に何が必要なのかを細分化してみましょう。最初は上手く細分化出来ないかもしれませんが、とりあえずやってみることが肝要です。もし難しく感じる方は、まずは大きく語彙と文法とに分けてみましょう。また、それぞれのどの部分が弱いかを知るために、逆に全体の学習をしてみるのも上達の一つです。

教材を探す

目的意識などをきちんと見据えることが出来るようになれば、いよいよビジネス英会話を勉強するための教材を探してみましょう。

どのような英会話教材が自分に合うかを探すのが大事です。それぞれの英会話教材には特徴があります。考慮する点はいろいろとありますが、自分になにが必要かを考えておけば迷うことがないはずです。時間節約型の教材や、記憶型の教材など、たくさん種類もありますので、じっくり吟味してみましょう。図書館などから無料で借りてきて、少しだけやってみる、というのも一つの手です。選ぶ基準の一つとして、自分のライフスタイルに合っているかどうかを考慮するのも一つの手です。

妥協をしないで見つけた教材で、妥協しない心で望んでいきましょう。
自分の志の力を存分に発揮して、是非目標を達成してくださいね。