当サイトは日本で仕事を頑張るサラリーマンの方々のためのビジネス英会話に関する情報サイトです。




HOME > コラム > ビジネス英語に関するコラム 16 | 語学力に+α

ビジネス英語に関するコラムです。

ビジネスシーンで英語を使って活躍するための、語学力+α

ビジネスで通用する英会話のスキルは、どのレベルまで磨き上げれば安心なのでしょうか?昨今ではそのモノサシとしてTOEICなどの語学力検定が用いられてきていますが、これからの時代、英語によるビジネス・コミュニケーションを駆使してグローバルな舞台で仕事が出来るためには「単なる語学力」のみならず、+αのコミュニケーション能力が求められる時代となってきています。

様々な知見からTOEICなどのテストで測定される英語能力が、そのままビジネスマンの質に直結するとはいえないことが指摘されています。これからさらにグローバル化が進む中で、英語能力に+αで仕事能力が統合されて初めて「英語で仕事ができる人材」が活躍する時代が、すぐそこまで迫っています。

例えば会話に不自由しないレベルの英語力があっても、単に情報を聞き流すのではなく、『それって、ちょっと何かおかしくありませんか? つまり……』と会話を掘り下げていく能力がなければ、キーパーソンにはなれないというのが現場の現実です。また、ネイティブと互角に話ができるくらいの語学力があっても、イニシアティブ(先導力)がなければその集団のリーダーまでは上りつめることも出来ません。人の上に立つ有能な人物は、こうした能力を必ず持ち合わせる必要があります。

小手先の英語力だけ磨いて試験の点数を稼いだところで、現実のビジネスでは太刀打ちできない、という厳しい現実が迫ってきている昨今、戦意を喪失してしまう人も多いかもしれませんが、そこまで難しく考える必要もありません。

語学力にプラスして、自分なりの仕事上の資産を生かせれば、高校を卒業するまでに習った程度の英語の知識でも遜色なく海外の人々とコミュニケーションを交わすことは可能です。たとえTOEICのスコアが500程度だったとしても、海外に住む人々とのコミュニケーションが必要な場合、間違っていたり意味不明だったりすれば、もちろん相手が聞き返してきたりするので、特に大きな支障を来すことはありません。というのも、取引先の相手が求めてくるのは、英語力ではなく、その先にある皆さんの専門的な知識やスキルだからです。

つまり現代のビジネス英語において強く求められているのは、会話を通じてお互いが共通認識を有することと、それを円滑に果たすためのコミュニケーション上のスキルであると言えます。専門的にはこの技術のことを「エンテイルメント」と呼び、今日のグローバル英語における必須の要素と位置づけられています。

最もわかりやすい実例としては、相手が話している最中の相槌が挙げられます。そうすることで、自分の思いがきちんと伝わっていると相手に安堵感を与え、会話が円滑に運びやすくなります。また、非ネイティブ同士が会話する際に、相手が知らない可能性の高い単語を別のものに置き換えて表現してみるなどといった心配りも重要ではないでしょうか。

意外なところでは、会議の合間に設けられるブレイクタイムなどで交わした雑談の内容もその後のコミュニケーションを円滑に運ぶ材料となることがあります。さらに、急に会話を打ち切らなければならなくなった場合に、『先約を思い出した』とあえて嘘をついて相手に不快感を与えないように振る舞うなど、『エンテイルメント』には心配りのスキルまで含まれます。

今、 英語を駆使して活躍が求められるビジネス・パーソンには、以上のような「エンテイルメント」のような、語学力そのもの以外の面まで見据えて、より高い次元からグローバルに通用するコミュニケーション能力を身に付けることであると言えます。また、そういった能力を身につけるためにも、英語を学ぶ上で双方向でメッセージを発信しながら、自ら積極的に体験を積むことでしょう。ネイティブや英語における会話が得意な会話相手の一挙手一投足を凝視し、相手の会話の傾向や癖などを観察しながら体得していくことが大切であると言えます。

今後は非ネイティブ同士の英語を使った会話というのも増えてくる中で、それぞれの語学力に差があるということはよくあることと思います。そういった時にも落ち着いて、お互いの能力を擦り合わせながら、より円滑なコミュニケーションを図っていくというアプローチが欠かせません。ビジネスの最前線では各々の英語能力の水準が千差万別である、ということを理解した上で、こうした環境下で通用するコミュニケーション能力を身に付けるためにも、体でぶつかっていく気概をまずはしっかり持って、頑張っていきましょう。